クラウドコンピューティング(英語:cloud computing)とのネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態である。ユーザーは、コンピュータの操作をネットワークを介してサービスを利用する。 "クラウド"(雲)、ネットワーク(通常はインターネット)を表す。さらに、"コンピュータシステムのイメージ図"では、ネットワーク上の雲の図で表す場合が多く、それが由来といわれている。クラウドコンピューティングという用語は、バズワードとも呼ばれる議論は次のような用語集を参照してください。 既存のコンピュータの利用は、ユーザー(企業、個人など)が、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを自身の保有管理している一方、クラウドコンピューティングは、"ユーザーは、インターネットの向こう側でサービスを受けてサービスの利用料金を支払う"形されている。 ユーザーが提供しなければならないことは、最低限の接続環境(PCや携帯情報端末などのクライアント、その上で動くブラウザ、インターネット接続環境)のみであり、また、クラウドサービスの利用料金を支払う。実際に操作を実行するコンピュータとコンピュータ間のネットワークは、サービスを提供する会社側に設置され、コンピュータ本体やネットワークの購買管理、運用コストと蓄積されたデータ管理の手間は減る。 クラウドコンピューティングは、既存の存在するネットワークコンピューティング、ユーティリティコンピューティング、SaaSなどの言い替えこと、またはこれらの要素を含み、さらに発展させたことなどである。 クラウドコンピューティングの階層(SaaSは、ApplicationをPaaSは、PlatformをIaaSは、Infrastructureを提供する)クラウドコンピューティングには、次の3つに分類されている場合が多い。また、以下を総称してXaaSとも呼ばれている。 SaaS インターネットを介してソフトウェアパッケージを提供しています。電子メール、グループウェア、CRMなど。 Salesforce.comのSalesforce CRM 、マイクロソフトの Microsoft Online Services、Googleの Google Apps、日本ではブランドダイアログのGRIDYグループウェアがある。 PaaS インターネット経由でアプリケーションを実行するためのプラットフォームを提供します。仮想化されたアプリケーションサーバーとデータベースなど。ユーザーが自分のアプリケーションを配備して運用できる。 Salesforce.comのForce.comプラットフォームGoogleのGoogle App Engine 、マイクロソフトの Windows Azureなど。 HaaSまたはIaaS インターネットを介して、ハードウェアとインフラを提供。仮想サーバーと共有ディスクの設定など。ユーザーがOSなどのシステムを導入構築することができます。 Amazon.comのAmazon EC2、Amazon S3など。 クラウドコンピューティングの形で提供するサービスを、"クラウドコンピュチング社サービス"または単に"クラウドサービス"のサービス事業者を"クラウドサービスプロバイダー"または単に"クラウドプロバイダ"とも呼ばれる。 クラウドコンピューティングの種類(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)インターネット上で一般向けサービス"パブリッククラウド"業界での企業(ファイアウォールで)などのサービスを"プライベートクラウド"この2つの組み合わせのサービスを、"ハイブリッドクラウド"と呼ばれる。特にプライベートクラウドはアウトソーシングの一形態であると言うことができます。 クラウドコンピューティングは、コンピューティングの利用形態であり、それ自体が新しい技術ではなく、特定の技術を指す言葉でもない。ただし、このモードの普及を可能にした背景には、インターネットや様々な技術の進歩がある。ユーザーとプロバイダの間は、一般的に標準化されたインターネットの技術が使用される特殊な技術(プロトコル、ソフトウェア、ハードウェア)を使用することもある。プロバイダの内部(データセンターやサーバー群)で使用される技術は問わないので、一般的に、オープンスタンダードに準拠したソフトウェアとユーザーの数と使用量の増減に対応することができる仮想化技術が使用されますが、Googleなどの拡張性の確保のために、自社独自に開発した、グリッドコンピューティングの技術などを多くしている。
[PR]