問題点コンピュータシステムを自前で所有して変更(カスタマイズ)、および運営の変更がある場合に比べて、一般的にシステムインテグレーター、およびアウトソーシングにブラックボックスし、同業他社との差別化が困難で、急激な変化に対応できない(サービス提供者を拒否する)の危険がある。 基本的にすべてのデータをクラウドに統合されるため、クラウドの提供側とのネットワークの障害や、あるいは、クラウドを提供部分の倒産やサービスのシャットダウンなどのクラウドサービスを利用できなくなると、クラウドコンピューティングを利用企業の経営も停止する恐れがある。 一部の業者は、SLAに、所定の稼働率を達成することができない場合は、返金や繰越を実施しているが、利点とリスクとの比較検討が必要である。 また、通信会社を利用する場合は、盗聴される危険性だけでなく、集中的なデータの管理は、クラウドに銀行/ビジネス/医療などの情報を十分に把握されてしまうため、ハッカーの格好の攻撃目標は、個人情報を含む顧客情報や経営情報の漏えいの危険性がている。また、企業はクラウドに依存的で、開発者を"利用することで収益を上げて中毒にさせることで、ますます顧客を増やす"という発言のように依存度が高くなると、通信障害が営業停止に直結する事態も発生する。 また、クラウドは破壊や政治的な利用などの存在自体が非常に大きな危険性を持っている。 ITの発達は、今後の見通しが立たないことが最も重要な人権の1つの個人の視点から、クラウドはどこまで支配を許すことは、困難な問題になる。 また、2008年9月、FSFのリチャード・ストールマン、クラウドコンピューティングは、既存の技術を呼び変えただけであり、ユーザーがプロプライエタリ(ベンダー独自)ソフトウェアに囲い込まれてしまう危険性がある指摘している。 クラウドサービスの事業者が日本国内にサーバーをインストールして、著作権を第三者が持っている著作物のクラウドサービスにユーザーが保存した場合、そのユーザーだけが、その著作物を利用することができる構造にも、事業者、クラウドサービスを提供する行為が公衆送信冊の侵害になる可能性がある。 クラウドコンピューティングと同じような概念や用語は、前から、多くの単純な用語のパラフレーズとバズとも指摘も多い。 2008年4月サンマイクロシステムズのCEO、ジョナサン・シュワルツは、"クラウドは、ネットワーク・コンピューティングを新しい言語に変えている"と発言した。 2008年9月、オラクルのCEOラリーエリの手は、"すでに我々が行っているもの、宣伝文句が変わっただけだ"と批判している 。
[PR]