利点 ユーザーは、データセンターの設備は所有せずに、データセンターが提供するサービスの対価を支払って使用することができます。データセンターには膨大な数のユーザーが共有されている。これにより、ユーザーはデータセンターが持つ性能を低コストで利用することができます。 インターネット接続環境が有れば、わざわざUSBメモリなどのメモリ媒体を持ち歩かないのに、自分が所有しているデータの保存や削除が可能です。 クラウドにデータを転送しているクラウド内のデータの蓄積と様々な分析し、視覚的に表現され、営業と生産がより効率的に行うことができるので、各企業が自社で管理開発しているソフトウェアは不要になる。つまり、クラウドは、情報の処理と管理を集中しているので会社の会社の各部門の個人など、独自のソフトウェアやシステムを使用せずにクラウドにデータを転送すると、よく、統一的なコラボレーションと業務の分業などの商業分野でのコスト削減を図ることができます。 急な変更(新規事業、合併、ユーザーの増減法令対応など)が発生しても、サービスの内容(ユーザー数、オプションなど)の契約を変更するだけでよく、どのように実現するかをユーザーが確認する必要がない。 クラウドの利点を唱える意見は、次のなどがある。 "ITの所有から使用する"というのがクラウドコンピューティングの本質。自動車や不動産は中古も転売の価値がある、しかし、ITの場合は、ハードもソフトも、ほとんどの再販価値はない。今後の電力および上下水道や公共交通機関や金融システムと同様に、ITは社会基盤のひとつとなって、そこには、企業の競争力の差異化を要求するのは古い概念が浸透してきた。今後より多くの商用化が進み、それらのツールをいかに効率的、効果的に使用するかの知恵が経営に重要あり、時間をかけて開発し、所有の差別化された価値が急速に減少している。 "クラウド化する世界"(ニコラス・カー ハーバード・ビジネス・レビュー 主席編集者) 従来のITは、基本的に5年間の拘束条件でリース契約を支払う。
[PR]