クラウドコンピューティングと既存のネットワークサービスとの最も大きな違いは、幅広さにあり、既存のネットワークを介したと考え大きかったストレージなどもそれに含まれると主張。逆にいえば、クラウドコンピューティングと呼ばれるサービスの種類は非常に多様にわたるため、個々のサービスが何を実現しているか注意しなければならない。 アプリケーションクラウドコンピューティングは、ネットワークコンピューティング、ユーティリティコンピューティング、SaaSなどの要素を含み、それをさらに発展させたものと考えることができます。 クラウドコンピューティングサービスを提供する側のデータセンターでは、通常のユーザーとデータ数の変動を吸収することができる仮想化技術を使用して、インターネットを介して世界中のどこからでも誰でも利用できるようにしている。商業的な使用は、QoSを利用することができます。 これらの技術サービスをサポートしている公開された標準的なオープンソース系のソフトウェアで、データセンター内で独自の技術を使うこともできる。たとえば、Googleの大規模な分散データベースであるBigTableは、自分のファイルシステムとDBMSで構成されている。 クラウドの本体・部品・素材の技術の開発と生産は、ヨーロッパと北米地域で行われることがあるとも呼ばれていたが、現在では主要なメーカーのセンターと開発拠点は、世界各国(中国、インドなど)に配置されている。 なおプライベートクラウドの場合は、イントラネットと同様に、インターネット上で公開がされず、企業(企業グループ)のセキュリティネットワークのクラウドサービス技術を活用する。実際には様々なWeb(Web 2.0)の技術、仮想化、プロビジョニング、サービスレベルの管理、課金などの技術が使用されている。
[PR]